メディア総研

企業・学生・学校をつなぐ。

メディア総研

セミナーにエントリーする

採用情報

ホーム 採用情報

メディア総研株式会社では、
採用支援事業等を通して、
共に“未来を拓く”人材を募集しております。


募集要項

[新卒採用・キャリア採用]
対象
短大・大学・大学院・高専卒(全学部全学科)
募集職種
①総合職(企業向け・大学向け営業・個人向けコンサルティング)
②編集・一般事務(就活手帳・WEBなどの制作)※経験・資格不問
勤務地
福岡、東京
採用実績校
青山学院大学、エリザベト音楽大学、北九州市立大学、九州大学、九州産業大学、京都造形芸術大学、近畿大学、熊本大学、島根大学、西南学院大学、中央大学、東京大学、同志社大学、長崎純心大学、福岡大学、山口県立大学、立教大学、早稲田大学他
給 与
新卒(月額) 220,000円(首都圏は、240,000円)
※キャリア採用は職務経験を考慮のうえ決定
休日・休暇
年間119日、土・日(第5土曜日は出勤)、祝日、年末年始、年次有給休暇、慶弔特別休暇他
交通費
20,000円/月まで支給(首都圏30,000円/月まで)
昇 給
年1回
賞 与
年2回
福利厚生
各種社会保険(健康・厚生・雇用・労災)、福利厚生カード(全国のスポーツクラブや宿泊、飲食など割引制度有)
研修制度
資格取得補助(CDA、FPなど)、新入社員研修等

社員の声

メディア総研社員

鈴木 貴士
(東京事務所勤務)

中央大学
総合政策学部 卒
(2016年3月入社)

個人と会社の成長

私は「自分が成長できる場」として働く会社を選んでいましたが、その環境がメディア総研にはあると私は感じています。弊社は社員数が20名に満たない少人数であるため、全員が広報となり営業となり企画となり全てをこなします。新しいビジネスを始める時は未経験の仕事に多く携わることで、常に新しいことを学べるため成長を実感しています。
会社の成長はサービスの規模を広げることに繋がり、より多くの人を巻き込んだサービスになります。今メディア総研では、サービスは拡大し社員も増えています。今こそ既存の就職サービスを充実させ、新しい企画を育てる時です。今後も、「個人の成長は会社の成長に繋がる」という考えのもと、毎日一つでも多く学んでいきたいです。


メディア総研社員

大群 真悟
(福岡本社勤務)

福岡大学
理学部 卒
(2016年4月入社)

成長スピードの速さ!

私は、理系出身で地球科学専攻をしておりました。当初は専門職に就こうと考えていましたが、就職活動をしていく中で、成長スピードが速くマルチに活躍でき、自由度の高い会社を探し始める様になりました。そんな私にとってメディア総研は理想の企業だったんです。
企画・営業・広報・運営・事務など、一年の内に様々な職種の業務を行い、大変ではありますが、その分成長を実感しております。
私が就職活動していた頃とは打って変わって、今度は就職活動の場を提供する立場になり、全国各地を飛び回り、企業の方や学校職員の方、学生の方など、多くの方と出会い、そして学生の頃では知り得なかった情報に触れ、日々勉強させて頂いてます。
まだまだ1人前には程遠い私ですが、私を迎え入れて頂いたメディア総研に貢献、そして社会に貢献できるよう尽力致します。


メディア総研社員

松尾 沙知
(福岡本社勤務)

福岡国際大学
デジタルメディア学科卒
(2015年9月中途入社)

編集チームでお待ちしています!

中途で入社して3年目の松尾です。私はもともと前職で印刷物の製作に携わり、企画提案や進行管理などの製作業務に加え一般事務も担当していたので、メディア総研の業務には違和感なくすぐに溶け込むことができました。
現在は、合同企業セミナーなどのパンフレットやポスター・チラシの製作・校正、各大学が発行する就活手帳の編集などが主な業務です。たまたま私は前職での経験がありましたが、他スタッフは全く違う職種から入社された方もおり、経験はなくとも全然大丈夫です。特に印刷物の校正などは、マジメにコツコツと作業出来るタイプの方が向いていると思います。
会社の雰囲気はとてもよく、年末には東京の社員も福岡に集合して全員で餅つきをしたり、出張先で美味しいものを食べたり(今年は仙台で牛タン、神戸で神戸牛のしゃぶしゃぶを頂きました!)、誕生日にはみんなでケーキを食べてお祝いしたりと、楽しいことがたくさんあります。
私たちと一緒に働いて下さる方をお待ちしています!

詳しい採用情報について

メディア総研株式会社
「採用チーム」までお問い合わせください。

TEL:092-736-5587(福岡)

TEL:03-6206-3030(東京)

[受付時間]平日 9:30〜18:00

recruit@mda.ne.jp

ENTRY

理工系業界研究セミナーにエントリーする